CMの反響

ソニー損保のCMの反響がすごい。
7年ぶりの大反響で、歴代1位だ。

まずは、そのデータを観てほしい。
Google トレンドのデータだ。
  ↓

これは、google トレンドのバグなんだろうが、グラフを作成する時間帯によって、過去の数字が数%変動する。現時点では歴代1位タイなのだが、数時間前には歴代2位だった。

グラフに、歴代の出演者を重ねてみよう。
   ↓
WS000564-01
歴代最高値は、7年前の2009年3月の佐藤ありささんがイメージキャラクターを務めていた時に出ていた。
その後、瀧本美織さんになってからは、この最高値を上回ることなく推移していた。
というか、ここ3年ほどは、低迷気味だった。
自動車保険の場合、広告の方向性として、「安心」とか「安定」のイメージを訴求したい。そのため、話題性のある旬の人を短期間で交代させるよりも、イメージに合った人を、ある程度の長期間にわたって起用する必要がある。そんなことで、瀧本さんが続いていたのだろう。


反響が歴代1位となった三つの理由


理由は三つある。

1、manakaが、かわいいから。

2、manakaが、かわいいから。

3、manakaが、かわいいから。←(ここ重要)

以上。


冗談はさておき、三つの理由を挙げよう。
  ↓

1、リトグリのコーラスが「選ばれ続けてNo.1」にマッチしたから。

2、リトグリへの関心が高くなっているから

3、manakaが、かわいいから。←(ここ重要)



理由について、一つずつ解説しよう。

理由その1、リトグリのコーラスが「選ばれ続けてNo.1」にマッチしたから。


まず、唐田えりかさんの透明感は、素晴らしい。まだ何も染まっていない感があり、安心感がある。
全く無名の新人だったから、手あかがついてない。それだけでなく、おそらく彼女自身が持っているキャラクターによる透明感だ。逸材だ。
演技力とかは今後に期待だが、ソニー損保自動車保険のイメージキャラクターとして最適任だろう。

このCM(30秒物)では、唐田さんが「自動車保険の更新なら」のあと、コーラスで「ソニー損保ふぅ~」となる。

いちおう埋め込んでおこう。
   ↓

やはり、コーラスにすると、みんなの声がそう言っている。という印象ができる。

「選ばれ続けて売上No.1」も、みんなが選んできた結果だ。

このあたりが、CMで訴求したい内容と、コーラスを使う演出がマッチしたことで、より効果的になったと言える。



2、リトグリへの関心が高くなっているから


オリコンのエンタテインメント業界誌「コンフィデンス」によると、リトグリは、気鋭アーティストで10代女子からの支持が第1位となっている。

次のは、MBSのちちんぷいぷいの放送画面だ。
WS000570

自動車保険の新規契約者は、18~20才ぐらいが多い。
これも、ちょうどマッチしている。

3、manakaが、かわいいから。←(ここ重要)


この世の中のあらゆる事象は、manakaがかわいいからで、説明がつく。

CMからmanakaをキャプチャした。

WS000571

WS000573

WS000574

WS000576

WS000577

WS000578

WS000582

WS000583

WS000584

WS000585

WS000586

な、かわいいだろ。



それにしても、これだけの大反響だと、次もあるだろう。
当初は、CMの演出の一つとして、「公園のコーラス篇」を作っただけかもしれないが、これだけの反響だと、シリーズ化する可能性もある。
夏や秋のCMはともかく、少なくとも来年2月からのは、唐田えりかさんとリトグリの組み合わせが最有力だ。逆に、組み合わせを変えてしまうと、外した時に、責任問題になりかねない。



blt graph. vol.5 【ムック】
価格:1080円(税込、送料別)


CMなどで注目されている唐田えりかが初登場  「“透明感の中に芯がある。ピュア&アンニュイグラビア」を収録








広告

広告