下の写真の赤く囲んだ部分に、ご注目いただきたい。
jpg large
’15 2 21 とある。
『Friends of Disney Concert』のリハーサルの日だ。
したがって、この写真は、リトグリが、東京国際フォーラムのホールAで、『Friends of Disney Concert』のリハーサルをしたときのものだ。

ちなみに、manakaの写真で、日付が入っているのは、manaka所有のフィルムコンパクトカメラだ。
右側にギザギザが見えるが、これはネガフィルムの、最初か最後のコマだろう。感光した跡だ。


東京国際フォーラムのホールAは、約5千席ある。世界で2番目に大きなコンサートホールだ。

これ以上大きなコンサート会場は、体育館や武道館など、運動競技施設になる。そのため、音響効果を考えれば、東京国際フォーラムのホールAや、東京ドームシティホール(約3千)などのコンサートホールが、いい会場だ。

ちなみに、ゴスペラーズや鈴木雅之さんが出演した「SOUL POWER 2015」は、ここで開催された。


コンサート会場2016年問題

実は、コンサート会場には、2016年問題がある。
数多くのコンサート用の施設が改修を迎え、会場不足になることが予想されている。

だから、どのアーティストもコンサート会場を確保しにくい。
リトグリも、会場確保が難しい中、コンサートツアーなどを行っていくことになるだろう。


リトグリの観客動員力

一方、リトグリの観客動員力は、着実に上がっている。
運営側の想定以上に上がっていると言える。

例えば、東京ドームシティホールでのガオフェスを思い出してほしい。

東京ドームシティホールは約3000席だ。
リトグリ秋のガオっとオールJAPANコンサートツアーの最終日、EX THEATER ROPPONGIは、約1700人だ。
リトグリ単独で東京ドームシティホールを埋めるのは、難しいと思われていた。

ガオフェスでは、ゴスペラーズをゲストに迎えた。
リトグリが出演した11月1日放送の東京FM「茂木放送協会」では、もう少ししたらゲストを発表すると言っていた。そう、リトグリ単独では、東京ドームシティホールを埋めきれないので、ゴスペラーズをゲストに迎えることを発表して、もっと多くのお客さんに来てもらおうという算段だったはずだ。
ところが、まもなく、チケットは完売した。嬉しい誤算だ。

来年も、嬉しい誤算は続くだろう。

来年もリトグリとmanakaと一緒に、走り続けたい。

もっとリトグリを大きな会場へと、manakaと一緒に走り続けたい。

そうしたら、manakaと…

manakaと…

manakaと…











広告

広告