さて、With Onlineのインタビュー解説は、落ち込んだときの対処法だ。

スクリーンショット (1382)

アサヒは、寝ること。

これ、実は理にかなっているんだよね。

気になる人は論文探してみてください。

芹奈は、おそらく日記を書くとか、ノートに書くとか言うんだけど、
これも理にかなってる。


スクリーンショット (1383)

manakaの「独りでいる」は、わからない。

心理学的には、その「独りでいる」時間に、何をするかが問題。

スクリーンショット (1386)

MAYUは、やけ酒。

ただ、このあとのMAYUの話を聴く限り、いわゆるやけ酒とは言えないような飲み方のようだ。

ほどよく酔える程度なので、まあ、やけ酒と言うほどではないでしょう。

落ち込んだ時に、やけ酒して、酒に頼るのは良くない。

親友とか親しい人に話して、問題解決にはならないけども、共感してもらう事でスッキリする。
そういうための、会話の潤滑剤として、酒を飲むなら大丈夫。

ドラマとか音楽とかに浸って、泣くのも良い。


スクリーンショット (1391)

かれんみたいに、忘れることができれば問題ないでしょう。

忘れられなければ、視点を変えて見つめ直してみる(リフレーミング)

っていうか、かれんってメンタルサポーターの資格とったのね?

芸能人って、大きなストレスのかかるかかる仕事だから、身近にメンタルサポーターがいてくれたら、ありがたい。




そんで、次の質問では、2021年にやりたいことを次のように答えてるんだが、それは、そのまま落ち込んだ時の対処法になる。


アサヒ 神社巡り

manaka こだわって料理

MAYU 走る

かれん バレエ

これについては、またツッコミどころが多いので、次の記事で








広告

広告